RSS(XML) Atom RSS(XML) モバイル版はこちらへ
モバイル版 >>

ブログの検索

2006年7月31日

ブルーベリージャム作り

いつも行く農協の直売所でよく目に付いたブルーベリーを使って、ジャムを作ってみました♪
いちごジャムは毎年作っていますが、ブルーベリージャムは初挑戦です!
主人のおかあさんに、
「ブルーベリーはいちごと違って皮があり、その皮が柔らかくなりにくいよ!」
と、以前教えていただいていました。

経験上、電子レンジで作るいちごジャムとお鍋で作るそれとを比べると、お鍋で作るほうがいちごの実の方が崩れやすかったので、ブルーベリージャムはお鍋を利用して作りました。
何度も味見しながら♪作り、じゅん君が驚きながらパクパク食べるほど美味しいジャムが出来ました☆

目に良いアントシアニンやビタミン、食物繊維が豊富なブルーベリー・・・しばらく朝食のお供になりそうです♪
あっという間に、なくなりそうですが・・・。

2006年7月30日

新潟の妙高高原へ♪

昨日と今日を利用して、主人の会社の若手中心の方々が、新潟の妙高高原でロッジを借りて懇親会をするというので、我が家は家族で参加させていただいてきました。

妙高高原入ってまず目に付いたのは、紫陽花でした♪
群馬県では、もう終わっていた紫陽花が、こちらでは満開だったのです☆
大好きな紫陽花を、今年は2度楽しめて、お得気分でこの旅行は始まりました。

まずは、赤倉温泉へ!
硫黄の匂いが立ち込めるお湯は、お肌に良さそうで、とっても気持ちよかったです☆

夕飯は、バーベキューでした。
煙モクモクの中、美味しいお肉とビールを飲んで、上機嫌の私♪
その傍で、じゅん君はお兄ちゃんやお姉ちゃんに遊んでもらい、私以上にご機嫌でした☆

独身の若い女性の方々と、食事をしながらお話するのは久しぶり!
どの方もみんな元気で可愛らしくって、同年代からもらう刺激とは、また違うパワーをいただけました☆
恋愛話も出たりして、私は昔を思い出しながら(笑)会話に参加しました。
彼女たちの話を聞いていると、懐かしさを感じながら、最近私の中で眠っていた心のSKIPがありました。
たまには、よいものだな〜〜☆

次の日は、お昼前に解散。
その後、RIKAファミリーを含む6人で、「イワナの里」という釣ぼりへ行きました。
イワナとニジマスを、6人で合計14匹も釣り上げました。
どなたかが魚を釣り上げるたびに、写真を撮っていた私、釣り上げた時のみなさんの顔は、まるで子供のようにイキイキしていたのが印象に残っています♪
ちなみに、私はニジマスとイワナをそれぞれ1匹づつ釣りあげました。
その時の写真の顔は、もちろん☆満面の笑顔です♪

釣り上げた魚はすぐにお料理してもらえ、ランチタイムに♪
ニジマスのお刺身は、初めて食べたのですが、全く臭みがなくコリコリしていて、絶品でした☆☆
「これは、誰が釣った魚かな!?」
な〜んて☆言いながら食べる魚は、どれもこれも本当に美味しく、楽しい一時でした。

2006年7月28日

めだかちゃんとホワイトのアイテム

ナチュラルガーデンを目指し、ベランダいじりをして始めて、3日がたちました。
先日、初めてのペイントをした後も、再度、グリーンのペンキも買って鉢のペイントをしたり・・・
様々な思いを込めて、ここまで出来上がりました♪

ホーローのボールの中に、3匹のめだかもやってきました☆
これも、東京で見たガーデニングショップを参考にしています♪
めだかを飼うことになってじゅん君は、大喜びです。
1日に、何度も何度もめだかの観察を楽しんでいます。

ところで、お友達のぐり〜んさんのブロク“GreenなPINK”でめだかのお話があがっていたので、ぐり〜んさんに

「ベランダで飼いたいのだけど、夏の暑さにめだかちゃんは生き抜いてくれるででしょうか??」

と、質問してみました。
すると、親切な返答の中に、

「めだかを外に置くなら、入れ物自体が熱を吸収しないものがいいと思いますよ。」

との言葉が・・・
ホーローの容器は、可愛いけれど、夏場はめだかちゃんにはキツソウです(汗)
対策を考えなくては!!

私のベランダ・・・まだまだ☆まだまだ未完成ですが、ホワイトのものを置くだけで、ナチュラルガーデン風になることが判りました♪
この後も、少しづつ手を加えて、楽しみたいと思います。

2006年7月26日

7年以来の再会☆

今日は、中学の時からの友達・Mちゃんが住む埼玉県のお宅に、じゅん君とお邪魔してきました。

中学生の頃のMちゃんは、頭が良く、絵を描くのがとっても上手で趣味の良い、私にとっては仲良しであり、憧れの女の子でした。
そして、お話がと〜ってもスローペースで、その話し振りからいつも独特の雰囲気をかもし出していました。
最後に会ったのは、いつだったかな?
私の結婚前なので、7年以上前になります。
そんな彼女と、2人の育った関西でなく、関東で、それもお互いに子供を連れて会うなんて、中学生の頃は想像すらできませんでした。
何だか、不思議な縁を感じながら、彼女の住む街へと向かったのです。

Mちゃんは、今年の1月に生まれた可愛らしい女の子を連れて、駅まで迎え来てくれました。
「ひさしぶり〜ッ!」のご挨拶は、昔通りのおっとりペース・・・
それが妙に嬉しくって、密かにジ〜〜ンッとしたRIKAです。

Mちゃんのお宅は、これまた昔のMちゃんのイメージ通り、北欧ティストのモダンな、お洒落な空間でした。
小物・家具・食器・・・どれをとっても素敵で、まるで雑誌に紹介されているお部屋のよう☆
失礼ながら、部屋をキョロキョロと見渡し、写真撮影までさせてもらいながら、色々と質問してしまいました。
妥協のない空間の美しさを再確認・・・とっても刺激を受けました。

子供がいるので、そちらに気を取られ、いくつも尻切れトンボの会話をして過ごしたように思います。
だけど、ゆっくりゆっくりとお話した時間は、充実感が得れました。
Mちゃんに、心豊かな時間をもらったように思います。
Mちゃん、ありがとう・・・。

2006年7月25日

素焼きの鉢をペイント

先日のガーデニングショップ訪問の影響を受け、ベランダを少しイジりたくなりました。
「でも、どこから??」
と、思うRIKA(苦笑)

そこで、少し考えました・・・・

多くのお店で、ホワイトやグリーンにペイントされた鉢が、無造作に置かれていたのが印象に残っていたので、
「まずはマネからやろう!!」
と、素焼きの鉢を、ホワイトにペイントすることにしました☆

DIYショップに行って、水性のペンキと刷毛、汚れ防止のシート、素焼きポットと、思いつきで板を買って、帰宅。
そして、ペイントのスタートです。
「ジャンク風で、いいんだよね〜♪」
と、初めてのペイントですがプレッシャーもなく(笑)、じゅん君にも手伝ってもらいました。

「楽しいね〜〜☆」
と、私が言うと、
「うん!!メチャ楽しいわ!!他にも塗ろうよ!」
と、じゅん君が言うので、周りを見渡すと・・・
レンガが目に付いたので、それも2つばかり塗ってみました。
勢いで、やってます(苦笑)

ペイントで今日の作業は、終わり。
ただ今、乾燥中です。
さ〜〜って、RIKAのナチュラルガーデンの第一歩は、どんなデキになるでしょう??
楽しみです☆

2006年7月24日

先日植えたペンタス

先日植えたペンタスが、これまたカリフォルニアローズ・フィエスタ同様に・・・というかそれ以上に、咲き乱れています☆
美しく咲く花の下には、・山のツボミが賊れている状・です。
スタミネ・れしないように、液体の・料を1遜間1度与えているのですが、それ以外は特に気に続けた育て方をしていません。

今日は、そのペンタスを・って、お部屋にも飾ってみました。
・り取っても、ベランダには、まだまだ・山の花がしっかり残っています。
なんて、良い子なんでしょう(笑)

尊日行ったガーデンショップのほとんどに、このペンタスが売られていました。
育てやすいし、可愛いし、今、ウリのお花のようです♪
私は、1鉢に2株植えているのですが、寄植えにも向いているそう。
来年は、このペンタスと一遜に、コリウスとの寄植えを造ってみようかな☆

2006年7月23日

東京の素敵なお店

ガーデニングに目覚めたRIKAは、最近のガーデニング事情を知りたくって、よく本屋さんに足を運んでいます。
そして、先日、「My GARDEN 2006 夏 No.39」「ナチュラルガーデニング vol.2」を購入しました。
今の私にとって、眺めているだけでワクワクする本です☆
そしているうちに、本の中の写真だけでなく、本物を見たくなり、主人にお願いして、本に紹介されているショップに連れて行ってもらいました♪

行ってきたのは、東京の"THE GLOBE”"Buriki no Zyoro”"BROCANTE”"Est Garden”です。

今、ガーデニングの流行は、イングリッシュガーデンからナチュラルガーデンへ。
そして、ナチュラルガーデンにかかせないのは、ジャンク雑貨や家具。

というおぼろげな知識を持って、お邪魔してきたのですが・・・・
衝撃を受けるほど、ジャンクな雑貨や家具が置かれているお店もあり、
「ア〜ッ☆どうしよう。ついていけないかも・・・(苦笑)」
と、初めは思ってしまいました。

でも、すぐに影響を受ける私・・・
生命のある植物にジャンクが溶け込んだ世界に魅了され、最後には錆び錆び&ガタガタの、その上高価なテーブルなどを持って帰りたくなるほどでした(笑)
だけど、今日は我慢。
「帰ってゆっくりと頭の整理をしよう」
と思いながら、お店を後にしました。

2006年7月22日

カリフォルニアローズ・フィエスタ

先日植えたとお話したカリフォルニアローズ・フィエスタが、咲き乱れだしました♪(笑)
実は植えてしらばくしてから、ツボミはポロポロと落ちて、「きゃ〜〜☆」と、驚愕の悲鳴をあげた時期があったのですが・・・・
その後、新しいツボミを付け、花を咲かせてくれました。
少しバラに似た八重の花・・・・可憐な美しさがあります☆

2006年7月11日

ターシャの庭


☆最近はベランダで何かしらの花が咲いているので、お部屋に花を飾っていませんでした。
でも、飾ってみると、はやり良いものだな♪
お部屋の様々な角度から、このバラが目に入ると、それだけで嬉しい気持ちになります☆


先日、アマゾンで注文したとこちらでお話した本“ターシャの庭”が届きました。
今日は、それを眺めて多くの時間を過ごしました。
ターシャさんに夢中なRIKAです☆

ところで、突然ですが・・・
イングリッシュガーデンの歴史は、イタリアやフランスの影響を受けて、16世紀から始まったらしいです。
イングリッシュガーデンと云えば、バラのアーチやボーダー花壇など、沢山の花が溢れる田舎風の庭を想像していました。
しかし、そのような形になったのは、20世紀に入ってからだそう。
そうなるまでには、人口的に幾何学的に樹木を伐採したり、、線の強調を取り込んだフォーマルガーデン(整形式庭園)、そして、なだらかな曲線を巧みに使い、自然の風景そのままのように見せるランドスケープガーデン(風形式庭園)の時代を経て、多くの人が想像するコテッジガーデン(田舎家風庭園)にたどり着いたそう。

ターシャさんの庭は、そのコテッジガーデンです。
私のイメージしていたイングリッシュガーデンなのです♪
ターシャさんのお庭は、人並み外れたすばらしいものです。
彼女の本を眺めながら、我が家のベランダを、コテッジガーデン“風”にしたいと、心に誓いました。
でも、どこから手を付ければ良いのかしら(苦笑)
そこから考えるのを、これからの楽しみにしようと思います♪

2006年7月 9日

ペンタス

じゅん君と
「可愛いね♪買っちゃおうか!」
と、ペンタスというお花を買いました♪

ペンタス・・・ペンタ(数字の“5”の意味)に由来していて、花びらが星形の5つに避けているので、この名前が付けられたそう。
この花が1箇所にまとめて房状に咲いています。
紫陽花に似ています。
でも、紫陽花のように梅雨の季節だけでなく、初夏から秋まで咲いてくれるらしいです♪

じゅん君の強い希望で、ピンク色のペンタスを買ったのですが、我が家のベランダの花は、白色が基調です。
じゅん君パワーに負けずに、白色にすれば良かったかな・・・と、思う反面、このピンク色が新しい風を運んできたようで、ベランダを華やかにしてくれています。

つい先日、ペンタス同様に一目ぼれして、カリフォルニアローズ・フィエスタという植物も買いました。
こちらは、白い花をつける予定です☆
咲いたら、こちらで紹介させてくださいね♪

2006年7月 8日

弟夫婦との時間☆

去年結婚して、横浜に住む弟夫婦に会いに、家族3人で行ってきました♪
2人に会うのは、結婚式以来になるので、約1年ぶりです。
弟の奥さんに会うのは、今日で2度目ということで、ちょっとドキドキしながら横浜に向かいました。

まずは、弟の住むマンションに到着!
綺麗にお掃除されたおうちで、ホッと一息。
コーヒーをいただいてから、中華街へ向かいました☆

ランチは、横浜中華街で、「どうせなら、贅沢ししちゃおうか!」と、聘珍樓でお食事をしました♪
お互いの近況報告をしたり、出てきたお料理から話題が膨らんだりと、居心地のよい楽しい時間でした。

弟夫婦は、とっても仲が良く、幸せそうでした。
「自分の兄弟の幸せを喜ぶ時って、こんな優しい気持ちになれるんだな〜」と、思いながら、何度も何度も、2人を見てしまいました。

お食事が終わると、弟夫婦から、「ごちそうするよ!」との言葉が・・・。
ビックリしました☆
申し訳ないと思い、初めは「駄目だよ!駄目だよ!!」
と、言ったのですが、結局は、2人に甘えることに・・・。
今まで様々なシーンで、人にごちそうしてもらう機会がありました。
その度に感謝はしてきましたが、今日のごちそうしてもらった出来事が、一番感動的でした。
弟にごちそうしてもらう・・・何とも、嬉しいものですね♪
今日の出来事は、忘れたくありません。

帰りの車中で、じゅん君が、「もっと遊びたかったよ〜」と、泣きました。
私も、もっと2人とお話したかったです。
でも、続きは、また今度♪
次は、2人に我が家に来てもらいたいです。
その時は、どんなご招待をしようかな?!

2006年7月 7日

じゅん君のおやつ

群馬の美味しいお野菜を食べたくって、お野菜はいつも農協の直売所に買いに行っています。
大きな野菜店ではあるのですが、沢山の方が訪れていて、夕方には、品切れ続出!
だから、たいてい午前中に行くのですが、お野菜を搬入した農家の方が、直接商品を並べている姿を目にすることも度々です。
この新鮮さは、何とも魅力的です☆

今は、夏野菜が出回り、値段も行く度に安くなり、美味しさもドンドンアップ♪
特にトマトの美味しさには、脱帽ものです!!

そして、とうもろこしに枝豆・・・先日湯がいてじゅん君に出すと、口に入れたとたん、目を丸くして
「美味しい〜〜ッ☆」
と、叫んでいました(笑)
その日以来、農協の直売所に行った日のじゅん君のおやつは、枝豆ととうもろこしになっています♪

今日は、もう1つ。
じゅん君の幼稚園で、七夕の笹が飾られているというので、見に行ってきました。
じゅん君の短冊には、
「おおきくなったら、タクシーのうんてんしゅさんになりたいです」
と、書かれていました☆

へぇ〜☆そっか〜!そうなんだね〜〜!
じゅん君は、将来どんな人になっているのかな?

そんなことを思いながら、その短冊をじっと眺めたRIKAでした。

2006年7月 6日

思うとおりに歩めばいいのよ


☆ベランダで摘んだハーブをいけて、写真撮影をしていたら、じゅん君が
「上から撮ってみたら!」
と、アドバイスをくれました。
私の考えに無かったアングルの写真です☆
いかがでしょうか!?(笑)

最近、ガーデニングにドンドン魅力を感じ、もっとガーデニングのすばらしさに触れてみたいと、思うようになりました。
そこで、「ちょっとお勉強を!」と思い、ネットで検索をかけ、多くのガーデニングサイトを訪れることを始めました。
そしたら、バーモント州の山奥にある30万坪という途方もない広大な大地で、ガーデニングと動物とのナチュラルライフを満喫されている絵本画家・ターシャ・チューダさんの存在を知りました。
有名な方らしいですね・・・(汗)

今、彼女の言葉と、彼女の庭の写真が載せられてた本“思うとおりに歩めばいいのよ―ターシャ・テューダーの言葉”を読んでいます。
ガーデニングのお勉強をしようと思っていたら、すばらしい言葉の宝庫に出会えました☆
有意義な寄り道を、楽しんでいます♪

2006年7月 2日

美味しいおそば屋さん♪

群馬県には、蕎麦屋さんラーメン屋さんなどの麺屋さんが多いように思います。
それらのお店の中で以前より気になっていた蕎麦屋さん「そばひろ」に、家族3人で行ってきました。
私と主人は、かもせいろを、じゅん君は、天ぷら蕎麦を食べました。
かもせいろ・・・絶品でした☆
今までも、群馬で何件かの蕎麦屋さんに入ってはいますが、HPで紹介したいと思うほど、美味しかったのは、ここが初めてです。
群馬にお越しの際は、ぜひご賞味ください♪