RSS(XML) Atom RSS(XML) モバイル版はこちらへ
モバイル版 >>

ブログの検索

2006年10月15日

八方・白馬の美しい景色

先日の主人の八方・白馬散策を随分羨ましがった私を見て、主人が八方・白馬に連れて行ってくれました♪
道中は、毎度ながら主人の運転で・・・(^_^;)
私は、助手席にて長野県の景色を楽しみながらの、片道約3時間のドライブでした。

八方・白馬散策・・・今って、便利なものがあるのですね♪
徒歩でなくても、八方アルペンラインというゴンドラ1つと、リフト2つに乗って、標高1,850mの第一ケルンというところまで行くことが出来ました♪



ゴンドラに乗る前の景色は、まだ紅葉はチラホラ・・・「まだもう1歩」といった感じでした。
上に登るにつれ、赤やオレンジ、黄色の葉の密度がドンドン増します。
そして、ある地点で100%に!
それは、山の上にいるにも関わらず、TVで見たことのある「海の中のさんご礁」を思い出させるような景色でした。
(この表現、判っていただけますか??苦笑)
最近、美しい景色ばかり見ている私ですが、いくつ見ても美しいものには感動するものですね♪
本当に綺麗でした。
そこよりまだ登ると、今度は葉が茶色になりました。
散るのも間近といった面持ちです。
八方アルペンラインのおかげで、紅葉の始まりから終わっていくまでの景色を、短時間の間に見ることが出来ました☆



私の見たかった「紅葉の後ろに雪山の秋と冬との融合の景色」も、見ることができ、帰りは白馬八方温泉“みみずくの湯”につかり、大満足の1日でした。
主人には、心から感謝です。