RSS(XML) Atom RSS(XML) モバイル版はこちらへ
モバイル版 >>

ブログの検索

2006年10月26日

ノスタルジーな気分



夜、冷え込む日も増えたきたので、寒さに弱い植物は、屋内に置くようになりました。
そして、太陽の光をあびさせてあげようと、お部屋の中で何度も、その子達のお引越しをしています(^_^;)
そこで、いっぺんにみんなを運べるものがあると便利だな・・・と、思い、21cm×21cmのお皿の大きなに合わせて、取っ手付きのカゴを作ってみました☆
3号ポットが、ちょうど4個入る大きさです。

取っ手の木は、近所の公園で、じゅん君と遊びに行った時に拾ったものです。
カゴの大きさに合わせて、ノコギリでその木を切断して使いました。
ノコギリを使ったのは、多分、中学生の授業以来です。
「使いこなせるかな?」と、思ったのですが、この木を切るくらいなら出来る事が、今回わかりました♪

余談ですが、ギコギコ、ギコギコ・・・ノコギリが木を切る音は、もう他界した、京都で大工をしていた祖父を思い出し、ノスタルジーな気分になりました。
優しい祖父の大工姿を見るのが大好きで、よく祖父の仕事場に足を運んだ私。
カンナを使う祖父の後ろ姿などを、いつも尊敬の眼差しで眺めていました。
そして、今、ノコギリの音、木の香りを嗅ぐと、祖父を思い出します。
また祖父を思い出したいな・・・そんな想いからも、自分の手で、またノコギリを使いたいと思いました。
今度は、木を切って、何を作ろうかな☆
ネッ、おじいちゃん・・・。




今日は、もう1つ。

24日で紹介したクローバをぶら下げてるカゴを作る途中で、「お花とか、雪の結晶みたい♪」と、思う模様が姿を現しました。
そこで、その形を作り、ステンシル絵の具で色を塗ったものを作ってみました。
コツコツといっぱい作って、モミの木にでも飾ってみようかな☆