RSS(XML) Atom RSS(XML) モバイル版はこちらへ
モバイル版 >>

ブログの検索

2007年8月11日

チェアー【椅子】が出来るまでの過程(その1)

“Hobo's Wood Working”の中村さんから、椅子の製作過程の説明と伴に画像が届きました♪


左:椅子全部材
右:背もたれ


左:2枚ほぞ
右:後ろ脚ほぞ穴

これ(上の画像)が、椅子の現状。
そして、今後の作業は、

ホゾの掃除(ほぞがうまく入るように掃除します)

仮組み

脚の形を成型(曲線にきっていく)

素地仕上げ(ペーパー磨き)

組み立て

背もたれの取り付け

背もたれ成型

全体の素地仕上げ

塗装

ペーパーコード

で、完成です。

まだ椅子の全体像は見えていないのですが、背もたれも画像を見て、
「ここに、将来私の背中が当たるのね♪」
と、想像。
顔がニヤけます(*^^*)

・・・・・・・・・・・・・・・

中村さんが、以前BBSで話題になった

「ダイニングテーブルは、一気に、求める寸法まで板を削ってしまうと、木のそりやねじれなどの動きがきつくなります。
ですから、数ミリ削って2,3日から一週間おいて木の動きをみてまた削って・・・・
を繰り返し、それを防ぎます。
では、椅子はどうなのかしら?」

という疑問に、答えてくださいました。

「椅子の場合はテーブルのように繊細な削りは必要ないと思います。
テーブルは表面面積がひろいことから削りに注意が必要です。
木は乾燥、湿気により
幅に対して1パーセントから3パーセントの寸法の収縮がおきます。
900ミリだと9ミリから27ミリですね。
この数値はさまざまな状況で変わりますので、神経質になることはないですが。

ただ、「それだけ動く可能性がある」、
という前提で加工する必要がテーブルなど幅の広いものにはあるということです。

その点、椅子は板の寸法変化よりも、接合部分のほうが注意が必要となります。
それはまたおってご説明します。」

とのことです。
お勉強になりました♪
こうなると、椅子の接合部分の重要性についても、興味が沸きます。
また、中村さんのお話が届きましたら、こちらで紹介させていただきますね☆