RSS(XML) Atom RSS(XML) モバイル版はこちらへ
モバイル版 >>

ブログの検索

2011年6月15日

ウンベラータの取り木作業。

今日は、取り木準備中だったウンベラータのお話の続きです。
(準備スタート!の時のお話しはこちら


撮り木準備のために 幹に傷を付けた後のウンベラータ・・・
その後弱る事なく、元気に過ごしてました。


かわをはぎ取り みず苔を巻いていた箇所は、こんなに根が周りましたよぉ^^v

まずは、『ウンベラータ 取り木の方法』の説明通り
このみず苔の下の箇所を、チョキン!
切り取った箇所は、そのまま水の中にジャボ-ン!


背高のっぽだった1本のウンベラータが、2本になりました。


お母さんウンベラータ
見た目は子供に逆戻り!?(笑)

でも、まだ終わりません。
『ウンベラータ 取り木の方法』の説明には

数枚残った下葉は取り除いてしまいます。
この幹だけになったウンベラータが今後、綺麗な新芽を吹いてきますので見守っていて下さい。 

と記されています。

「本当に 大丈夫なんッ?」
と、ちょっと躊躇したのですが、
「でも、新芽が出る過程も 見てみたい!」
という興味もあったので・・・


エイッ!と、葉っぱを取り除き、幹だけにしました。

あははっ・・・マヌケな姿ですよねッ(*´艸`)
でも、この後の成長は、と-っても楽しみ♪


子供ウンベラータは、根をみず苔ごと 土に植え込みました。

この後、葉っぱがシュンとして少し元気がなくなったのですが、
根がちゃんと伸び始めたら、シャンとしてくれるはず!


その子供ウンベラータには、新芽がすでに2つ出ています。
ココから枝分かれするのかな?

う-んッ!これでいいの?どうなるの?
と思いながらする作業は、かなり楽しい♪
何か変化が表れたら報告させてください^^



..。.:*・゚ *ブログランキングに参加しています(*゚ー゚*)..。.:*・゚ *

この記事に一票!
 2本とも元気に育つと良いね♪
 と、思ってくださったら、1クリック!そしたら、とっても嬉しいです..。.:*・゚