2004年11月29日

朝、主人が洗面所から出てきて、突然
「RIKA、鏡やガラスをちゃんと拭いてくれてありがとう。
だから、いつもピカピカなんやね・・・」
と、言葉をかけてくれました。
その時、朝の準備で、バタバタとしている私の体と心の動きが、一瞬止まりました。
「どうしたん?突然??」
その感謝の言葉が、何だか恥ずかしくって、テレてそんな言葉を返してしまったけど、嬉しかった。

私の方こそ、ありがとう・・・・。
これからはもっと、あなたのこと、じゅん君のこと、オウチのこと、ちゃんと頑張るね!

2004年11月28日

主人の知り合いに、ビートルズが大好きで、ビートルズのコピーバンドをされている方がいます。
今日は、その方が、ライブをするというので、家族でそのライブハウスに行きました。
その方の演奏を聞くのは、3度目です。
お知り合いであるという贔屓目がなくとも、お上手で、いつも聴く度に、心から楽しめ、元気をもらって帰ってきます。
今日も、そんな感じで、素敵な時間を過ごせました。



私のビートルズとの出会いは、中学生の11時でした。
友達のアルバムを借りて聴き始め、何度となく聴いてきました。
今でも大好きで、時々、ビートルズをかけています。
一緒に聞いているじゅん君のお気に入りは、“Love Me Do”。
曲が流れ出すと、口ずさむほどです。
そんなじゅん君、「“Love Me Do”するかな?」
と、言いながら、どの曲も手をたたいたり、体を揺すりながら、演奏を楽しんでいました。
残念ながら、“Love Me Do”の演奏はなかったのですが、何か心に響くものがあったようでした。
演奏の合間に、
「サンタさんから、じゅん君、ギター欲しいな〜ッ」
と、主人に話していたそう。

じゅん君、あたなの耳には、今日の演奏がどのように聞こえましたか?
最近、私は、あなたの目や耳、口から、物事を感じてみたいと、よく思います。

2004年11月26日

朝、鏡を見ると、特に寝癖がついているわけでもないのに、髪が随分とまとまり悪く感じました。
「ひゃ〜〜☆伸びすぎている!!」
そう思うと、いてもたってもいれなくなり、今日は、広島市の中心地にあるいつもの美容院に行くことにしました。
じゅん君を幼稚園に送り出し、そのまま、徒歩で、本通りに出ました。
中心地まで、歩いて約30分で、到着・・・・私は便利なところに住めているものです♪

ちょっと疲れたので、スタバでコーヒーを飲みながら、友達にメールをすると、偶然にもその友達が、近くに出て来ているとのことなので、お昼ごろに落ち合うことにして、美容院へ♪


そして、友達と合流。
偶然に見つけたイタリアンレストランのランチが美味しく、友達と、大喜び!!
その後、しばらく街をブラブラしたら、アッという間に、じゅん君を幼稚園に迎えに行く時間になったので、その足で、じゅん君のお迎えに行きました。

なんて、お気楽な私の1日だろう・・・
明日は、家事を頑張ります!!
(誰に言ってるのでしょう・・・笑)

☆衝動買い・・・
小さなクリスマスツリーを買ってしまいました。
そして、「12月になってから、出そうか・・・」とも思ったのですが、待ちきれずに飾ってしまいました。

2004年11月24日



☆写真では分かりにくいですが・・・・
クロススッチで刺したヒヨコを使ったクルミボタンを、飾りに付けています。


お昼間は暖かいのだけど、朝夕の冷え込みから、冬を感じますね。
今朝、じゅん君を幼稚園に送り出そうと、じゅん君を自転車に乗せると、半ズボンから飛び出した彼の足に、パッと鳥肌が立ちました。

それを見て、以前から作ってやりたいと思っていた、自転車のイスカバーを、じゅん君が幼稚園に行ってる間に作ることにしました。
そして、完成♪
それを付けて、じゅん君を迎えに行ったのですが、イスカバーを見つけたじゅん君が、ピョンピョンと跳ねて喜んでくれました。
作って、良かった☆

2004年11月20日




☆人だかりの大盛況でした。
どこのお店も美味しいとは限らず、「ハズレ(涙)」も、あります。
主人は美味しいお店を探すのが上手でしたが、私は・・・(涙)


山口県下関にある唐戸市場に行って来ました。
この唐戸市場・・・以前、九州旅行で立ち寄ったことのある場所です。
偶然、その市場内で露天のお寿司屋さんがされているのを見つけ、3人で舌鼓を打った思い出がりました。
その時の“うに丼”の味が忘れられず、
「いつかもう1度!」
と、思っていたのですが、ハレて行くことが出来ました♪
美味しかった〜〜〜☆
お寿司好きのじゅん君も、嬉しそうに色々なお寿司を食べていました。
高速道路を使って、往復6時間のグルメ旅行・・・なんとも贅沢なお寿司を食べたものです。
だけど、私は、こういうたぐいの贅沢が大好きです☆

2004年11月18日



家族よりも、そっと静かに、少しだけ早く起きてお弁当を作る時間は、孤独で少し寂しいものだな〜
と、思っていました。
今朝もそんなことを思いながら、おにぎりを握っていた時、ふっと思いつき、キャンドルを灯してみました。
どうして、今まで、この時間にキャンドルを灯さなかったのだろう・・・そう思うほど、キャンドルの灯りが、心地よく感じました。
窓の外が明るくなり始めるにつれて、キャンドルの雰囲気が変わっていく様子を眺めるのも、面白かったです。
プラス 最近購入した 大好きなKeiko Leeの“Who’s screamin’”をかけると、お弁当つくりの時間が、大人の時間に変わりました♪
これで、しばらくは、この時間が楽しめそうです☆

今日は、もう1つ。
久しぶりに(多分、大人になってから初めて)インフルエンザの予防接種を受けました。
インフルエンザの予防接種って、SARSの予防にもなるそうですね。
それを聞いて、受けることにした私です。

看護婦さんに、
「腕にするより、腰にするほうが痛みが少ないですよ」
と、助言をもらい、腰にしてもらいました。
(痛いのは嫌いです・・・みんなそっか・笑)
それでも、予想していたより痛かった。
ちょっとビックリしました。
じゅん君が、嫌がるはずだ〜〜。
そのじゅん君は、週明けに2度目のインフルエンザの予防接種をする予定です。
夏休みの手術以来、メチャクチャ注射嫌いになったじゅん君を連れて行くのが、ちょっと憂鬱です。

2004年11月17日

じゅん君の幼稚園では、今日からしばらくの間の、縦割りの保育が始まりました。
この間だけ、じゅん君の担任の先生と教室が変わります。
「じゅん君、○組から△組になるんだ〜♪」
と、言いながら、嬉しそうに通園し、迎えに行くと、
「楽しかったよ♪チューリップを作ったんだ〜!!」
と、報告してくれました。
先生に様子を伺うと、ニコニコ楽しそうにしていて、年長さんのお仕事のお手伝いなどもしていたそうです。
環境が変わり、戸惑うのでは・・・と、少し心配していたのですが、私が思うよりじゅん君が強かったよう♪

縦割り保育の最終日には、その間に製作したものを使って、園全体でお店屋さんごっこをするようです。
楽しそう♪
私も参加したいな・・・・でも、父兄の参加行事ではないようです。
残念。

じゅん君は、お花屋さんをします。
「お母さんの大好きな紫陽花をいっぱい作るね!」
と、お話してくれたじゅん君!
いっぱい☆いっぱい、この行事を楽しんできてね☆

2004年11月16日



先日の幼稚園のバザーの日には、園児たちの作品展もありました。
その日のために製作した作品を、じゅん君は、少しずつ持って帰ってきます。
それらは、今、玄関に飾られています。
先生の手を多く借りたものが、ほとんどなのですが、じゅん君の意思の入った作品なのだと思うと、どれも愛しいです。
これからも色々な機会で、増えていくじゅん君の作品・・・
主人と相談して、置いていたらキリがないからと、最終的にはデジカメで撮影して、処分して行くことになっています。
だけど、いざ処分する際には、名残おしい気持ちになるのだろうな・・・・。

2004年11月14日




主人が休みの日に、時々行く場所があります。
それは、ゴルフの打ちっぱなし。
主人が、練習している後ろで、私とじゅん君は、椅子に座り、その姿を見て過ごします。
じゅん君の楽しみは、その合間に、主人と一緒にボールを打たしてもらうこと。
何球か打つと、嬉しそうに私の元に戻ってきて、おとなしく、主人の後姿を見ています。

主人は、いつも、行く前に、あるイメージを描いて、練習に挑むのですが、帰りには、
「打てば打つほど、よく分からなくなってしまった・・・。」
とか、
「打ちすぎて、疲れた。明日は、筋肉痛だ・・・」
と、ぼやいています。
その言葉を聞きながら、私はいつも苦笑い・・・・・。

家でも、時々、パターの練習用パットを使い、主人とじゅん君は、それぞれのマイパターで奮闘しています。
じゅん君は、以前おもちゃのパターを使っていたのですが、、先日、本物の子供用パターを買ってもらい、レベルアップしました。
私は、将来のじゅん君が楽しみだわ♪
なぁ〜んて(^-^;

2004年11月4日

昨日、じゅん君幼稚園のバザーが終わりました。
前日の準備は、午後の1時から6時過ぎまで。
当日は、朝の7時半から、午後の6時頃まで。
私は、おうどん屋さんをしたのですが、なかなか楽しかったです♪
メンバーは、初対面の方ばかりだったのですが、みなさん素敵な方で、良い刺激ももらえました。
だけど、気心のしれない人たちと、長時間過ごす機会が、最近なかったので、随分と気疲れしました。
今日は、腑抜けになって、過ごした私です(苦笑)

今回のバザーの間のじゅん君の子守にと、お願いして、主人のおかあさんが、わざわざ関西から来てくださいました。
本当に助かった・・・・。
じゅん君も、久しぶりにばぁばに会い、楽しい時間が過ごせたようです。