2005年7月25日



久しぶりにパフェを作りました。

3年ほど前に、マイブームとなり、よく食べたものです♪
ナタデココ、クッキー、プレーンヨーグルト、ハーゲンダッツのアイス、そして、ホイップクリームの順に
カップに入れて、出来上がりです☆
ヨーグルトの酸味が、他の食べ物の甘みを中和してくれて、パクパク食べれます。
じゅん君が一緒でなかったら、もう1度作って食べていたかも・・・。
今年は、じゅん君との2人のブームになり、よく作り、よく食べそうな予感がします☆

2005年7月23日

私には、弟はいます。
その弟の結婚式が、東京のロイヤルパークホテルであり、家族3人でお祝いに行ってきました。

姉の私が言うのもなんですが・・・良い結婚式&披露宴でした。

披露宴に来てくださった方とお話して、「弟は人に恵まれている」と、感じました。
ありがたいことです。
そして、人と良い関係を築けている弟を誇りに思え、彼は社会でちゃんと過ごせていると、実感しました。
だから、安心できました。

最後に、弟が挨拶をしました。
緊張しながらも、一つ一つの言葉を大事に話していました。
聞く人によったら、それは、棒読みだったかもしれません。
だけど、姉バカながら、「凄いよ〜〜!」と、思えました。
私にとっては、まだまだ小さな子供の頃の頼りない印象が抜け切っていなかった弟は、いつの間にか、ちゃ〜んと脱皮していたようです。
やっぱり、安心できました。

弟のお嫁さんとは、話を聞いたり、写真で拝見したことがあったものの、初めての対面でした。
華奢で綺麗な方でした。
優しそうだけれど、瞳には力があり、意志をしっかりもった雰囲気を感じ取れました。
きっと、弟と素敵な家庭をつくってくださると思います。

家族に“安心”を与えるということは、最高の贈り物になるということを、実感しました。
弟は、私にこの“安心”をたくさん送ってくれました。
ありがとう。
いつまでも、お幸せに・・・。


横浜の観覧車を到着時に撮影。
9時前で、辺りはもう真っ暗でした。



余談ですが、披露宴終了直後に、大きな地震がありました。
会場のシャンデリアが大きく揺れて怖かったです。

また、「関東に出てきたついでに、横浜に行こう!」
と、ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルに予約をしていたRIKAファミリーは、地震のために交通機関がマヒしてしまい、移動に4時間以上かかりました。
☆キャンセルしようかとも思ったのすが、「旅行のハプニングは、楽しもう!」精神で、横浜に向かいました。

この日は、そんなおまけもつき、より思い出深い1日となりました。

2005年7月16日

♪じゅん君は♪お父さんと♪お母さんの♪
♪た・か・ら・も・の♪
♪いつもニコニコじゅん君は♪
♪か・わ・い・い・ね♪

これは、まだじゅん君がオッパイを飲んでいた頃、私がつくった唄の歌詞です。
じゅん君が、何らかの理由で泣き止まない時や子守唄として、今までに何度も何度も、数え切れないほど歌ってきました。

この唄のおかげかな・・・じゅん君は、フッとした時に、
「じゅん君って、お母さんの宝物なんだよね〜!?」
と、ニコニコ笑顔で私の所にやってきて、話しかけてくれます。
私は
「そうだよね〜〜♪」
と、言いながら、今までに何度も優しい気持ちになれました。
この唄もまた、私の宝物です。

2005年7月18日



今日は、海の日・・・
主人と私の結婚6周年記念日でした。
夕飯の後、チーズやクラッカーと伴に、ワインを準備して、お祝いをしました。

乾杯の後、じゅん君が、
「おかあさん、いつも一緒にいてくれて、ありがとう」
と、言ってくれました。
そして、
「はい!おかあさんの番!」
とのこと。

そこで、家族みんなで、それぞれに感謝を述べ、もう1度乾杯!
「じゅん君は、どこでこんなのを覚えたのだろう??」
と、思いながらも、良い儀式だとも思いました。
また、何かの機会にすることにしましょう♪

2005年7月16日

最近のじゅん君の作品です。

オレンジの服を着てるのは、お父さん。
主人は、コンタクトなので普段メガネをかけていないのですが、じゅん君の描くお父さんはいつもメガネをしています。
「どうして?」と、聞くと、
「車を運転してる時、してるでしょ!!」
と、返事が返ってきました。
そっか〜☆サングラスだったんだ〜〜!
今までの疑問がとけました。



4枚は、お友達への絵手紙です。
何を描いているのか、わかるものもあれば、わからないものもあります(苦笑)
いつになったら、人に髪の毛を生やしてくれるかな??(苦笑)