RSS(XML) Atom RSS(XML) モバイル版はこちらへ
モバイル版 >>

ブログの検索

2009年10月24日

みかんの季節。

スーパーの果物売り場で、みかんの占める割合が増えてきましたねッ♪

みかんが大好きな私。
冬になると、みかんの食べすぎで、手のひらが黄色くなります。
ひどい時なんか、足の裏まで黄色くなる年も・・・( * ̄▽ ̄) 


ところで、こういう状態に、病名が付いているのをご存知ですか?
柑皮症(かんぴしょう)というのですって。

それを知った時、
「病名があるということは、これって、病気の1つだったんだ。
ということは、私は、小さな頃から毎年 冬に病気になってたんだ・・・」
と、衝撃を受けました☆
それは、社会人1年生の時。
柑皮症という言葉を知ったのがいつだったか、しっかり覚えているほど、本当にショックで、
その年は、あまりみかんを食べなかったのも覚えています(苦笑)

ところで、社会人1年生って、何年前のコトだろう??
思わず遠い目をしてしまいました・・・(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・

『柑皮症』
柑橘類などに多く含まれるカロテン(ビタミンAの前駆物質)の過剰摂取により、皮膚にこの色素が沈着して黄色くなるそう。
色素が沈着する以外は、特に悪影響はなく、カロテンの摂取を減らすと、元に戻ります。
*ただ、1つ注意。
目の白い部分も、黄色くなったら、それは柑皮症でなく、黄疸の可能性が高いです。
黄疸があれば肝機能障害が疑われるので、医師の診察を受る必要があります。

・・ブログランキングに参加しています。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ブログ村」を開きます!
 ←のバナーをクリックして頂くと、「ブログ村」のサイトが開きます。
 皆さまに「ブログ村」を開いていただいた回数で順位が決まります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・皆さまの応援のクリックを励みにしています♪・・