RSS(XML) Atom RSS(XML) モバイル版はこちらへ
モバイル版 >>

ブログの検索

2011年10月24日

「大人の学び」-アンフルラージュから広がる世界-

以前より興味があった香りの世界。

その香りの世界に より大きな興味を与えてくれたのは、お友達のmasamiちゃんです。
masamiちゃんは、金沢に在住していて、アロマテラピー教室『angelique』を主宰し 日々活躍♪
私の自慢かつ尊敬できるお友達の1人です^^

そのmasamiちゃんに
「心豊かになれる環境で、香りのレッスンが受けれるところってないかな?」
と、相談したら・・・
Ateliar Michauxの鞍田さんが主催される"「大人の学び」-アンフルラージュから広がる世界-"
紹介してくれました。

Ateliar MichauxのHPを拝見すると とても興味深く
また、他にも繋がるご縁があり・・・


思い切って うつぼ公園に隣接するVADE MECVM. Showroom #2にて開催された
大人の学びを受講してきました^^

アンフルラージュとは・・・
18世紀末頃から南フランスのグラースという町で行われていた、エッセンシャルオイル(精油)の
抽出方法の一つです。
通常、エッセンシャルオイルは、植物を蒸留したり、圧搾して香りの成分を得ますが、
その方法が使えない繊細な花のために開発されたのが、熱も無理な力も加えないアンフルラージュだったそう。
でも、現在では、製造コストがかさむことと、溶剤抽出法という新たな技術が発達したことで実用されなくなっているのですって。


ところで、エッセンシャルオイルは、香りを濃縮したオイルだと思い込んでいた私^^;
だけど そうではなくて、 香りの成分は、オイルに馴染みやすいために、そう呼ばれているのですね。
「へぇ-!そうだったんだ・・・」
といった感じて、1つ1つ知識を増やす事に喜び
バラの香り立ち込める中で、お勉強♪


尹 煕倉:ユン ヒチャン(美術家・多摩美術大学准教授)先生の
ワークショップ 「触れる」を知るの講座もありました。
(鞍田さんによる紹介はこちら

「そこにあるもの」をテーマにされて活動されてきたユン先生
すーっと引き込まれるようなお話しのされ方
そしてその内容に、グッと興味をひきつけられ
思わずメモを取りながら、気持ちは学生に!(笑)

感度と感性は違う。
感度がするどくても意味はない
大事なのは感性で、感じた事をどう受けとめ、どう活かすかが大事
では、その感性を磨く方法は、あるのか?ないのか??

最後にそんなお話も してくださいました。
ねっ!興味深いですよね!?
その続き・・・もう少しお聞きしたかったです^^


香りのお勉強のはじめの第1歩が 素晴らしいものになりました♪
幸先いいぞッ☆私!(笑)
この調子で、香りの世界をもう少し歩んでみよう!
さて、第2歩目は、どこで?
明日は、図書館に行ってみようと思っていますp(^-^)q

学ぶ事が楽しい と思える人生もまた 楽しい*:;,.☆




..。.:*・゚ *ブログランキングに参加しています(*゚ー゚*)..。.:*・゚ *

この記事に一票!
 
 1クリック!そしたら、とっても嬉しいです..。.:*・゚