RSS(XML) Atom RSS(XML) モバイル版はこちらへ
モバイル版 >>

ブログの検索

セゴビアの小さな街。

今回のスペイン旅行は、普通の飾り気のない街並が見たい想いがあったので、
いくつか小さな田舎街を案内してもらいました。

その街のお散歩に、お付き合いください☆


たくさんの石を使って造られた建物。

現在は、セメントを使って石を積み重ねている建物も多くなってきているそうですが・・・


昔は、土と石灰を水で溶いたものを使って積み重ねる石を固定していたそう。

そして、このような石垣は、その家の持ち主が、仕事のない時期に、
プロの仕事を 見よう見まねで作ったものなのですって!

この今にも崩壊しそうな危なかしい石垣に、スペインのワビサビを感じる
と、アンヘルさんが話してくださった事が印象に残っています。


石は、自然産物といえ、硬くて冷たいイメージがあったのですが、
こうして街を歩き その建物を眺めていると・・・


石の硬さから強さを感じ、その強さから優しさも感じとれるように・・・
それは、日本では見れない街並みに、心地よさを感じた時でもありました。


最初のヨーロッパ建築と言っても過言ではない
素朴だが力強いスペインのロマネスク教会・・・


この場所で、この小さな街に住む人々の
いつくもの歴史が重ねれれているのだろうな・・・
と、カメラを向けたら、じゅん君がポーズをとってくれました(笑)