RSS(XML) Atom RSS(XML) モバイル版はこちらへ
モバイル版 >>

ブログの検索

2007年8月11日

チェアー【椅子】が出来るまでの過程(その1)

“Hobo's Wood Working”の中村さんから、椅子の製作過程の説明と伴に画像が届きました♪


左:椅子全部材
右:背もたれ


左:2枚ほぞ
右:後ろ脚ほぞ穴

これ(上の画像)が、椅子の現状。
そして、今後の作業は、

ホゾの掃除(ほぞがうまく入るように掃除します)

仮組み

脚の形を成型(曲線にきっていく)

素地仕上げ(ペーパー磨き)

組み立て

背もたれの取り付け

背もたれ成型

全体の素地仕上げ

塗装

ペーパーコード

で、完成です。

まだ椅子の全体像は見えていないのですが、背もたれも画像を見て、
「ここに、将来私の背中が当たるのね♪」
と、想像。
顔がニヤけます(*^^*)

・・・・・・・・・・・・・・・

中村さんが、以前BBSで話題になった

「ダイニングテーブルは、一気に、求める寸法まで板を削ってしまうと、木のそりやねじれなどの動きがきつくなります。
ですから、数ミリ削って2,3日から一週間おいて木の動きをみてまた削って・・・・
を繰り返し、それを防ぎます。
では、椅子はどうなのかしら?」

という疑問に、答えてくださいました。

「椅子の場合はテーブルのように繊細な削りは必要ないと思います。
テーブルは表面面積がひろいことから削りに注意が必要です。
木は乾燥、湿気により
幅に対して1パーセントから3パーセントの寸法の収縮がおきます。
900ミリだと9ミリから27ミリですね。
この数値はさまざまな状況で変わりますので、神経質になることはないですが。

ただ、「それだけ動く可能性がある」、
という前提で加工する必要がテーブルなど幅の広いものにはあるということです。

その点、椅子は板の寸法変化よりも、接合部分のほうが注意が必要となります。
それはまたおってご説明します。」

とのことです。
お勉強になりました♪
こうなると、椅子の接合部分の重要性についても、興味が沸きます。
また、中村さんのお話が届きましたら、こちらで紹介させていただきますね☆

2007年8月 2日

ダイニングテーブルが出来るまでの経過(その2)

“Hobo's Wood Working”の中村さんから、ダイニングテーブルの経過のメールを、画像と伴にただきました。


「今日は2回目の板の削りをしました。
機械の刃物も交換したからでしょうか、絹目(絹のような模様)が出てきました。」

ですって♪

1回目は、まだ無骨な板でしたが、2回目は優しい雰囲気が出てきているような(*^^*)
触って、撫ぜたい・・・(*'-'*)
最終的に、木目、木目の流れ、色をみて板の並べ替えをするそう。
あと何回削るのかわかりませんが、今後の板の変化が楽しみです♪

2007年7月31日

美しい額


以前作ったクロスステッチの作品を、額に入れることにしました(^-^)v
いつも思うことなのですが、額に入れると作品がグッと引き立ちます♪
この画像では、大きさがわかりにくいですが、額の大きさで59cm×56.5cm。
なかなか大きなものです☆

額を作ってくださったのは、最近よく私のサイトに登場していただいている“Hobo's Wood Working”の中村さんです☆

額の素材は、ウォールナッツ・・・
我が家のフローリングやドアの色調に似ています。
最後まで、ダイニングセットの素材として、悩んだ木の1つです。
私は、ただ
「このステッチを入れる額を作ってください」
と、お願いしただけなのですが、この素材を選んでくださった中村さんを
「さすがだなー」
と、改めて思いました☆


木の接合部には、チェリーの木を使ってくださいました♪
チェリーは、今作ってくださっているダイニングセットの素材です。
ねっ!
心憎い木の選定でしょ!?

近いうちに、主人に、この額を壁に取り付けてもらう予定です。
壁に取り付けた姿を見るのも、楽しみだな♪

2007年7月29日

家具のリフォーム

今日も、“Hobo's Wood Working”中村さんが、来てくださいました。
目的は、家具のリフォーム。


こちらの家具は、結婚当初から使っているものです。
高価なものではないですが、私が一目ぼれして選んだものです☆

本当はこの家具、脚が付いていたのですが・・・
何度もしたお引っ越しの影響で脚がぐらついたり、中身の重さで家具が反ってきたりして、仕方なく脚を外して使っていました。
でも、それだとやはり、バランスが悪い(^^;

もう寿命ですか?
さて、どうしましょう??

と、中村さんに相談したら、脚を作って、リフォームをしてもらえることになったのです。

そして、今日は、工房であらかじめ作った脚を


我が家で、本棚とローボードに取り付けてくださいました。

目の前で、お気に入りの家具がリフォームされる・・・・
かなり面白く、ワクワクする時間でした♪


そして、完成!!
脚があると、床とのバランスが良くなり、家具に高級感が出たような・・・。
たった11cmの高さの脚の威力を実感しました☆

これで、お気に入りの家具を、これからも大事に使えます♪
中村さん、ありがとうございます☆☆

2007年7月24日

ダイニングテーブルができるまでの経過(その1)

ダイニングテーブル&チェアを作ってもらっている“Hobo's Wood Workinng”の中村さんが、

本日、一回目の天板の板の切削をしました。
やはりチェリーはキレイな目をしています。

というメールと一緒に


3枚の画像を送ってきてくださいました。

このチェリー・・・素人にはわかりませんが、上物なのだそう(*^^*)
この板たちが、我が家に来てくれるのね♪
画像とはいえ、自分が使う家具が完成するまでの過程を見れるなんて、普通あり得ないことですね!?

そして、
・・・・・・・・・・・・・・・

中村さんのブログ(こちら)より

木を切るとき使うときに
その生まれた土地とか環境風土(そこまでおおげさでなくとも)に
何らかの思いをはせること。
って大切だなって思った。
この木をさがしに京都への行き帰り。
運転しながら考えた。

・・・・・・・・・・・・・・・
の、「この木」は、この画像の木なのです。
作り手と依頼者の想いがたっぷり詰まった家具が、我が家にやってくる日を想像すると、興奮がおさまらない私なのでした(*'-'*)

☆テーブルの製作手順に興味をお持ちの方は、中村さんのサイト内こちらをご覧くださいネッ。